sksb log

2014.01-

はじめての統計学マンガ

 今年はじめから、データ分析っぽいキャリアを重ねていきたいなぁとぼんやり思うようになった。まずは、プログラミング(perl/python)をやってみて、統計・数学を勉強しようと思っている。その先に、機械学習やデータマイング実践があると思っている。続くか分からないけれども、他にやりたいことが見つかるまでは5年くらいはこの流れに身を任せようかなと思っている。

 まだ第一段階のプログラミングの時期なのだけど、本屋で偶然統計学の本を手に取った。何事もマンガで学ぶのが一番早い。恥ずかしいのだが、たかが「平均」に関しても、はじめて知ることが多い。

 

 GWは特に予定がないので、「確かな力が身につくPython」とこの本くらいは終わらせたいな。 

 

この世で一番おもしろい統計学――誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α

この世で一番おもしろい統計学――誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α